「驚くべきリアル」展

0 Love It
保存する
「驚くべきリアル」展

スペインへ向けた慶長遣欧使節団派遣400周年を記念し、スペインの90年代以降の作品にフォーカスした展覧会を開催する。スペイン北西部にあるカスティーリャ・イ・レオン現代美術館(MUSAC)のコレクションから「驚くべきリアル」をテーマに、17世紀以降、ベラスケスやゴヤなどのリアリズムの系譜、80年代以降のアントニオ・ロペス・ガルシアに代表されるマドリード・リアリズムに継承されている、スペイン芸術による現代絵画、表現の多様性から生まれた空間インスタレーション、彫刻などを紹介する。