蔡國強展:帰去来

アート , コンテンポラリーアート
0 Love It
保存する
1/4
courtesy Cai Studio
2/4
Commissioned by the Power Station of Art, Shanghai. Photo by Zhang Feiyu, courtesy Cai Studio
3/4
The Deutsche Bank Collection Photo by Jon Linkins, courtesy: Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
4/4
Commissioned by the Museum of Fine Arts, Houston for the Ting Tsung and Wei Fong Chao Arts of China Gallery. Photo by I-Hua Lee, courtesy Cai Studio

みなとみらいの横浜美術館にて、現代美術を代表する蔡國強(ツァイ・グオチャン/さいこっきょう)の個展を開催。火薬の爆発によるドローイングや、圧倒的なスケールでのインスタレーションやランドアートなど、壮大なスペクタクルのなかに東洋的な文化や思想を潜ませた作品で知られ、現在の活動拠点ニューヨークでも、今や現代美術シーンの最重要アーティストのひとりとして注目を集めている。1986年末から1995年まで日本に滞在していた蔡だが、日本国内での大規模展は実に7年ぶりとなる。本展では、ベルリンやニューヨークでも話題をさらった99匹の狼の群れ『壁撞き(かべつき)』が日本初公開されるほか、蔡ならではの、横浜でのリサーチを踏まえた火薬ドローイングなども発表される。陶淵明が故郷で隠遁生活を始める際に詠んだ漢詩に由来している展覧会タイトル。創作の出発点とも言うべき日本への回帰とあって、期待の高まる展覧会だ。

イベントの電話番号 045 221 0300
イベントのウェブサイト http://yokohama.art.museum/special/2015/caiguoqiang
LiveReviews|0
1 person listening