白隠展 HAKUIN

0 Love It
保存する
白隠展 HAKUIN

江戸時代中期の禅僧、白隠慧鶴(はくいん えかく)。本展は、近年、画期的な白隠研究書を刊行した禅宗史研究者・芳澤勝弘、江戸時代絵画史における白隠の重要性を説く美術史家・山下裕二を共同監修に迎え、史上初の本格的な白隠展として展開。臨済宗中興の祖とたたえられた白隠の、全国に散在する一万点にも及ぶ、ユーモアたっぷりの魅力的な書画作品のうち、大作を中心に 選りすぐりの約100点を一堂に紹介する。