田中一光とデザインの前後左右

0 Love It
保存する
田中一光とデザインの前後左右

戦後からの激しい時代を生き抜いたグラフィックデザイナー・田中一光(1930~2002)。その著書『デザインの前後左右』に根ざし、発想の広がりと表現の着地するさまを多彩にとりあげる企画展が開催される。

残された膨大な数の作品や資料を検証し、仕事の主軸となるグラフィックデザイン作品を中心に、映像や図版、記録資料など、活動の実際を示す貴重なアーカイブを紹介。それらを通して、田中一光というクリエイターの人と仕事に迫り、デザイン思想がどのように展開し、表現されたかを探る。

LiveReviews|0
1 person listening