没後150年 歌川国芳展

0 Love It
保存する
没後150年 歌川国芳展

過去最大規模の国芳展!

歌川国芳(1797-1861)は、画想の豊かさ、斬新なデザイン力、奇想天外なアイデア、確かなデッサン力を持ち、浮世絵の枠にとどまらない広汎な魅力を持つ作品を多数生み出した絵師。その作品は、浮世絵ファンのみならず、現代のデザイン関係者や若い世代にも注目され、国際的にも"COOLな浮世絵"として高い評価を得ている。

国芳の本領は、なんと言っても、限りなく広がるイマジネーションの世界にある。物語の夢と冒険とロマンの世界を具現化する手腕においては、他に並ぶ者のいない卓越した手腕を示し、まさに、江戸のグラフィックデザイナーとも称すことができるだろう。

代表作から新発見の作品まで約420点を展示。幕末の奇才浮世絵師 歌川国芳の全貌が明らかに。

※前期・後期の作品替えで、ほとんどの作品が入れ替わる予定
【前期】2011年12月17日(土)~2012年1月17日(火)
【後期】2012年1月19日(木)~2月12日(日)

イベントのウェブサイト http://kuniyoshi.exhn.jp