歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎 -江戸の芝居小屋-

0 Love It
保存する
歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎 -江戸の芝居小屋-

江戸時代に花開き、現代まで息づく日本を代表する伝統芸能、歌舞伎。様々な変遷を経て発展してきた歌舞伎の大きな特徴の一つに、劇場内で行われる役者と観客の応酬がある。そのため、歌舞伎の歴史は、この役者と観客とを結ぶ劇場を中心に展開してきたともいえる。本展では、2013年4月の第五期歌舞伎座新開場を記念し、近世における芝居小屋から、現在へとつながる歌舞伎の劇場空間が成立するまでの歴史を、絵画作品を中心に展示。また、役者のブロマイドであった役者絵や、役者の愛用品、歌舞伎役者の紋や舞台衣装から影響を受け江戸で流行したファッションなどにも焦点を当て、歌舞伎の発展を支えてきた役者と観客の姿を浮き彫りする。

イベントのウェブサイト http://www.suntory.com/sma/exhibit/2013_1