椿会展 2014

0 Love It
保存する
椿会展 2014

第二次世界大戦で一時中断していた資生堂ギャラリーの活動を、1947年に再開するにあたり誕生したグループ展『椿会』。時代とともにメンバーを入れ替えながら、70年近く、合計80名の作家を紹介してきた歴史のある展覧会だ。第七次椿会となる本展は、2013年に引き続き、赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子の5名の作家を紹介する。東日本大震災以降のアートのあり方、意義について、世代、性別、活動の拠点、表現の方法も異なる多才なアーティストたちとともに、アートについてじっくりと考える場となりそうだ。

イベントのウェブサイト http://group.shiseido.co.jp/gallery