東京都庭園美術館建物公開 アール・デコの館

0 Love It
保存する
東京都庭園美術館建物公開 アール・デコの館

白金の森に建つアール・デコの館、東京都庭園美術館。その建物は1933年に朝香宮邸として建てられた。モダニズム建築特有の簡潔な外観を持つ建物に、アール・デコ様式の装飾。正面玄関ではアール・デコの巨匠ルネ・ラリックによるガラスの女性たちが羽を広げて出迎え、次の間と呼ばれる空間には、オレンジ色の人造石の壁に囲まれたセーブル製白磁の香水塔がそびえる。アール・デコの館そのものを、一つの芸術作品として鑑賞するための展覧会となっている。


夜間開館
10月28日(金)~30日(日)は21時まで開館(入館は20時30分まで)