東京オリンピック1964 デザインプロジェクト

0 Love It
保存する
東京オリンピック1964 デザインプロジェクト

スポーツの祭典、オリンピック。だが、1964(昭和39)年に開催された東京オリンピックは、日本が第二次世界大戦から経済復興を成し遂げたことを国際社会に示す、日本の威信をかけたイベントであり、戦後日本のデザイナーが総力を挙げて取り組んだ一大デザインプロジェクトでもあった。

東京でのオリンピック開催が決定すると、1960年にはデザイン懇談会が組織され、まずデザインポリシーが決められた。そして、デザイン評論家勝見勝の指揮のもと、シンボルマークとポスターを亀倉雄策、入場券および表彰状を原弘、識章バッジを河野鷹思、聖火リレーのトーチを柳宗理が担当したほか、田中一光をはじめとする当時の若手デザイナーたちが施設案内のためのピクトグラム、プログラムや会場案内図などの制作に組織的に取り組んだ。

2020年のオリンピック招致にむけた機運が高まるいま、あらためて1964年の東京オリンピックを振り返り、一連のデザインワークの全体像を追跡する。

イベントのウェブサイト http://www.momat.go.jp/Honkan/1964/index.html
LiveReviews|0
1 person listening