明治のこころ

0 Love It
保存する
明治のこころ

明治初期に日本を訪れた米国人学者、エドワード・シルベスター・モースがみた、日本の庶民のくらしを紹介する展覧会。モースは礼儀正しく、温かく、合理的な日本人の生活風景を米国に伝え、後世に残すために、スケッチや道具、写真などを多数持ち帰った。その品々は“モース・コレクション”として、米国のピーボディー・エセックス博物館とボストン美術館に収蔵されている。本展では、その“モース・コレクション”のなかから320点を展示するほか、貴重なガラス原板写真やモース自身の日記やスケッチなどを公開する。