寺山修司 展『ノック』

0 Love It
保存する
寺山修司 展『ノック』

詩人、歌人、劇作家など多様な活動をしていた寺山修司。なかでも劇団『天井棧敷』の活動は、いまも国内外で注目を集めている。今回、『天井棧敷』が1975年に阿佐ヶ谷近郊で行った30時間の市街劇の『ノック』の映像や未発表資料などを詳細に検証し、47歳という若さで多くの謎を遺しこの世を去った寺山が、何を目指し、書を捨て街へ出ていったのかを探る。

LiveReviews|0
1 person listening