ヘレン・シャルフベック ー魂のまなざし

0 Love It
保存する
ヘレン・シャルフベック ー魂のまなざし

フィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベックによる、日本初の大規模回顧展が上野の東京藝術大学大学美術館にて開催されている。2012年に生誕150周年を記念する大回顧展がフィンランド国立アテネウム美術館で開催され、世界的にも注目されるシャルフベック。特に、朗らかな画面に可憐な子どもが描かれた初期代表作『快復期』は、非常に人気が高く、フィンランドの国宝級の作品とも言われる。一方で、一切の美化を許さず透徹した視線によって描き出した自画像や、セザンヌやエル=グレコなどから影響を受けつつも独自の再解釈を試みた作品からは、彼女の画家としての卓抜なる精神を感じることができるだろう。5つのセクションからなる本展は、初期から晩年にいたるまでの代表作を網羅的に紹介し、シャルフベックの全貌に迫る展覧会となっている。

イベントのウェブサイト http://helene-fin.exhn.jp