フレンチ ・ ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線

0 Love It
保存する
フレンチ ・ ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線

フランスのコレクター団体ADIAFが主催するマルセル ・ デュシャン賞の設立10周年を記念した展覧会。同賞のグランプリ受賞作家に加え、一部最終選考作家とデュシャン本人を含む27名のアーティストを一挙に紹介する。展示は5部で構成。デュシャンの主要なレディ・メイドの展示にはじまり、続く3つの部では、世代や文化背景の異なる作家たちの絵画、彫刻、写真、インスタレーション、ビデオ等により、近年活気を増し国際的にも注目されるフランス現代美術のエッセンスを紹介。そして最後の部では、コレクターたちのアパルトマンを再現し、作品を展示する。

出品作家27名(予定)
マルセル・デュシャン
サーダン・アフィフ
カデール・アッティア
ヴァレリー・ベラン
キャロル・ベンザケン
ミッシェル・ブラジー
セレステ・ブルシ エ=ムージュノ
クロード・クロスキー
フィリップ・コニェ
ワン・ドゥ
リシャール・フォーゲ
シプリアン・ガイヤール
ドミニック・ゴンザレス=フェルステル
ローラン・グラソ
カミーユ・アンロ
トーマス・ヒルシュホーン
ヴァレリー・ジューヴ
クロード・レベック
ディディエ・マルセル
フィリップ・マヨー
マチュー・メルシエ
ニコラ・ムーラン
ブリュノ・ペナド
フィリップ・ラメット
アンリ・サラ
タチアナ・トゥルヴェ
ザヴィエ・ヴェイヤン
(マルセル・デュシャンを除きアルファベット順)