セザンヌ ―近代絵画の父になるまで

アート , 絵画
0 Love It
保存する
1/3
Paul Cézanne: 'Still Life with Pear', 1893-1894. Pola Museum of Art Collection
2/3
Paul Cézanne: 'Four Women Bathing', 1877-1878. Pola Museum of Art Collection
3/3
Paul Cézanne: 'Bouquet of Flowers', 1892-1895. National Museum of Modern Art Tokyo Collection. On display Apr 4-Jun 7

世紀転換期を生き、西洋美術史の決定的な更新を準備した孤高の画家、ポール・セザンヌの画業を振り返る展覧会が、箱根のポーラ美術館にて開催されている。ピカソをして「われわれ皆の父親のような存在」とまで言わしめたセザンヌだが、驚くべきことに50歳を迎えるころまで適正な評価を得ていたとは言いがたい。ようやく彼の天才に美術界が気付く1890年代、すでに芸術の首都パリを離れ、故郷である南仏に活動拠点を移していたセザンヌは、当時から伝説的な存在として語られるようになる。「近代絵画の父」になるまでの画家の歩みを、セザンヌに縁の深い画家たちの作品とともに改めて確認する好機だ。

イベントの電話番号 0460 84 2111
イベントのウェブサイト http://www.polamuseum.or.jp/sp/cezanne_2015
LiveReviews|0
1 person listening