ジャン=ミシェル オトニエル:マイ ウェイ展

0 Love It
保存する
ジャン=ミシェル オトニエル:マイ ウェイ展

フランスを代表する現代美術作家、ジャン=ミシェル オトニエルの日本初個展。ジュエリーの如く輝くガラスの大型立体作品を中心に、初期作品を含めた約60点が一挙公開される。

この展覧会は、パリのポンピドゥー センターにおいて3カ月の会期で20万人を動員したオトニエルの回顧展を、かつて邸宅であった原美術館の空間にあわせて再構成するもの。

オトニエルは、パリ市中心に位置するメトロ「パレ ロワイヤル ミュゼ ド ルーブル」駅エントランスとして設置された大作「夢遊病者のキオスク」(2000年)の制作や、主要な美術館における展覧会開催などで活躍する、フランスを代表する現代美術作家。日本では、原美術館の別館ハラ ミュージアム アーク(群馬県渋川市)に、赤いガラス玉をハート型に連ねた野外作品「Kokoro」(2009年)が常設されている。

本展では、硫黄や蜜蝋を用いた初期作品から、ムラーノ島などの色鮮やかなガラスを素材にした最新の立体作品まで約60点を一挙公開。展覧会名「マイ ウェイ」はフランク シナトラの名曲より引用されたもので、周囲に左右されることなく自分の流儀で制作を続けてきたオトニエルの歩みを象徴している。


関連イベント
会期中、子ども向けワークショップ「ふしぎな現実」(原題 Le Réel Merveilleux)を原美術館内ザ・ホールにて併催(主催:ボンポワンジャポン株式会社、原美術館 キュレーション:ラボワット株式会社) ※海外で公開中のものを含むオトニエルの作品12点を、AR(拡張現実)の技術を用い3Dで楽しめるワークショップ。ピクトグラムをカメラにかざすとオトニエルの作品が立体的にプロジェクションされ、世界中に点在する作品を仮想体験できます。子どもから大人までお楽しみいただける内容です。また子どもたちがぬり絵を通してドローイングの楽しさを学べるコーナーもご用意します。