ゲート モニカ・ソスノフスカ展

0 Love It
保存する
ゲート モニカ・ソスノフスカ展

ポーランドの首都ワルシャワを拠点に活動するアーティスト、モニカ・ソスノフスカの展覧会。第52回ヴェネツィア ビエンナーレ(2007年)のポーランド館代表も務めたソスノフスカは、60年代の前衛芸術運動や共産主義の崩壊から多大な影響を受けている。壮大なスケールで展開される彫刻作品は、実在の建築をモチーフとしており、建築物の竣工や破壊が、絶対的な権力や、またその失墜さえも想起させることを分からせてくれる。日本での初の個展となる本展では、住宅のゲートを題材に新作を発表。銀座メゾンエルメスならではの、圧倒的な空間が生み出される。

イベントのウェブサイト http://www.maisonhermes.jp/ginza/gallery
LiveReviews|0
1 person listening