オランダ・ハーグ派展-近代自然主義絵画の成立-

0 Love It
保存する
オランダ・ハーグ派展-近代自然主義絵画の成立-

19世紀後半、オランダのハーグで活動していた『ハーグ派』の画家たちを紹介する日本では初となる展覧会。自然観察による風車や運河、海景や船といったオランダならではの風景などを、透明感のある繊細な光とともに描いたハーグ派。その作品を多数所蔵するオランダ、ハーグ市立美術館の作品を中心に、クレラー=ミュラー美術館、ならびに国内に所蔵されているバルビゾン派の作品、そしてハーグ派の影響を受けたゴッホと抽象画家ピート・モンドリアンの初期作品もあわせて紹介する。

LiveReviews|0
0 people listening