アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密

0 Love It
保存する
アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密

第一次、第二次世界大戦を挟んで、『ハーパース・バザー』や『ヴォーグ』等のファッション誌を中心に活躍した、アーウィン・ブルーメンフェルド(1897-1969年、独→米)の、国内初となる個展『アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密』が、東京都写真美術館で開催される。

パリやロンドンで開催された個展などで高い評価を得ているブルーメンフェルド。だが重要な作品が各国の美術館に散在しているため、これまで日本国内で全貌を紹介する個展は開催されなかった。今回、ブルーメンフェルドの遺族、関係者によって、1930年代のヴィンテージ・プリントや作家自身が選出した名作100点、カラー復元された美しいファッション写真などが集結。本展では、パリのジュ・ドゥ・ポーム美術館に先んじて、それらの資料から独自の視点で構成した約290点(資料含む)の作品群を紹介する。