こども展 名画にみるこどもと画家の絆

0 Love It
保存する
こども展 名画にみるこどもと画家の絆

2009年11月から2010年3月までパリ・オランジュリー美術館で開催された展覧会、“Les enfants modèles”を日本向けに再構成して開催する展覧会。出展描かれた側=モデルとなった子どもの体験と、描いた側=子どもたちの親、または子どもたちと親しい関係にあった画家の想いをテーマに、子どもたちの目線を通じて作品に秘められたメッセージやエピソードを読み解いていく。モネ、ルノワール、ルソー、マティス、ピカソといった画家たち約50人による、およそ90点を紹介する。出品作品の約2/3が日本初公開。