群馬県・安政遠足 侍マラソン

0 Love It
保存する

毎年5月の第2日曜日に開催されるている、歴史あるマラソン大会。江戸時代、当時の安中藩主であった板倉勝明公が、藩士の心身鍛錬のため徒歩競争をさせたことが始まりになっている。およそ30キロの“峠コース”と、およそ20キロの“関所コース”があるが、峠コースは、スタートとゴールの標高差が 1000メートル以上もある大変厳しいコースになっている。また、8割のランナーが仮装で参加するのもこの大会の目玉のひとつで、仮装をしていないランナーの方がかえって目立ってしまうほどだ。エントリーは、例年、2月中旬からスタートする。

LiveReviews|0
1 person listening