浅草酉の市 二の酉 (2014)

0 Love It
保存する
浅草酉の市 二の酉 (2014)

江戸時代から続く関東の冬の風物詩、浅草酉の市。毎年、11月の酉の日に行われる。浅草の酉の市は、鷲神社と長國寺が同時に開催するため、神様と仏様の両方からご利益を授かることができるとあって人気。一帯には多くの露天商が立ち並び賑わいを見せるが、やはり酉の市といえば、福をかき込む「熊手」だ。威勢のよい熊手商と値段交渉をし、「手締め」で熊手とともに来年の福を手に入れよう。下町の菓子、切山椒も忘れずに味わいたい。24時間開いているが、夜は人出が多くなるため、境内への入場が制限される場合もある。前の年に買った熊手を納めるのを忘れずに。
一の酉(11月10日)もあわせて確認を。

特集記事

イベントのウェブサイト http://www.torinoichi.jp
LiveReviews|0
1 person listening