大昆虫博 日本人と虫たちの深く長い歴史

0 Love It
保存する

約4億年前に地球上に誕生し、変化をしながら、現在では約100万種が確認されている『虫』。そして、毎年、数千種類の新種が発見され続け、その総数は 500万種に及ぶとされている。江戸東京博物館では、日本人と虫との関わりを歴史的観点から。虫好きとして知られる養老孟司、奥本大三郎、池田清彦を展示会のナビゲーターとして起用し、虫への興味が高まる展示が行われている。また、超高精細映像で虫を観察する虫シアターもある。展示会関連の公演もあり、予約は、ウェブサイトから受け付けている。

イベントのウェブサイト http://www.dai-konchu.jp