藤まつり(2013)

0 Love It
保存する
藤まつり(2013)

約350年前の神社創建当時から植えられていたと伝えられ、古くは廣重の錦絵などにも描かれている、亀戸天神の藤。境内に100株以上ある藤の花は、4月の下旬から一斉にその花を咲かせる。夜にはライトアップも行われ、静寂のなか灯りに照らしだされた花房が、心字池のかすかな波に揺れて写る様は、幽玄(ゆうげん)の世界そのものとも言われている。

亀戸天神ではこの時期、藤まつりと学業講祭を同時開催する。会期中は土・日曜を中心に、猿まわし、江戸囃子、琴や三味線の演奏、茶会、巫女舞など、様々な行事を行う。見事な藤と合わせ、こちらも楽しみたい。

特集記事