撞舞(つくまい)

0 Love It
保存する
撞舞(つくまい)

7月25日から同神社で行われる祇園祭のハイライト。夕刻に行われる。撞柱と呼ばれる14メートルの柱に“雨がえる”と呼ばれる、全身が深緑色の扮装をしてカエルのお面をかぶった舞男が登り、柱の上で綱渡りや逆立ちといった曲芸を披露。500年以上の歴史をもつ。現在、震災の影響を考慮し開催を検討しているとのこと。出かける際は問い合わせをした方が良いだろう。


東京・近郊で開催される“奇祭”特集はこちら