大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015

0 Love It
保存する
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015

新潟県南部の越後妻有(えちごつまり)地域で50日間にわたって開催される、世界でも最大規模の芸術祭。第6回目となる同芸術祭では、過去に制作された恒久作品約200点を含む、約380点もの作品を鑑賞することができる。2000年の第1回より変わらず、北川フラムが総合ディレクターを務める。横浜美術館での大規模展もある蔡國強や、イリヤ&エミリア・カバコフなど、芸術祭と縁の深い錚々たるアーティストたちの新作は必見だ。また今年は中心市街地も作品が充実。拠点施設「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]」のほど近くに出現する、現代芸術活動チーム「目【め】」の作品に期待したい。総合ディレクター北川が主催する代官山のアートフロントギャラリーでも蔡國強の展示が開催される。

関連記事
『地方創生の成功例、大地の芸術祭について知っておきたい基本的なこと』

イベントの電話番号 025 757 2637
イベントのウェブサイト http://www.echigo-tsumari.jp/eng
LiveReviews|0
1 person listening