四万六千日 ほおずき市

Things to do 無料
0 Love It
保存する
四万六千日_宝蔵門前
1/2
浅草寺
ほうずき市
2/2
浅草寺

7月9日、10日の「四万六千日(しまんろくせんにち)」は、観音様の縁日のなかでも最も功徳が大きいとされる。特に江戸時代からこの2日間の参拝が盛んになり、参拝すれば一生分の功徳を積めるという、ご利益好きの江戸っ子たちが愛した風習だ。この縁日にちなんで、今年も約100軒のほおずきの露店で賑わうほおずき市が浅草寺にて開催。古くは、ほおずきの実に薬効があると信じられていたこともあり、ありがたい四万六千日の日に、目にも体にも嬉しいほおずきを愛でる文化があったとされる。また、期間中は黄色の掛け紙の祈祷札『黄札』や、『雷除札』が特別に授与されるので、こちらも要チェックだ。毎年日程が決まっているため、土日に開催される今年は一際多くの人で賑わうだろう。

特集記事
東京、夏祭り2016

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening