0 Love It
保存する

今日しかできないこと:8月5日(金)

文豪も愛したとんかつを食べる。ー8月5日はパン粉の日

文豪も愛したとんかつを食べる。ー8月5日はパン粉の日

「パン(8)粉(5)」の語呂合わせから8月5日はパン粉の日。日本を代表するパン粉のメーカー、フライスター株式会社が制定した。今日は、三島由紀夫や川端康成らも愛した名店でとんかつを食べよう。水道橋にあるかつ吉で提供されるとんかつは、あえて使用する肉の銘柄などを限定せず、その時期にベストな肉をセレクトして作られるこだわりの一品。最高級の生パン粉で包み、新鮮なコーン油でじっくりと揚げた同店伝統のとんかつだ。また、白飯は白米と『青しそご飯』が選択できたり、キャベツではなく新鮮な野菜サラダが付くなど、かつ以外にも抜かりが無い。 

かつ吉の詳しい情報はこちら

タイムアウト東京が注目する新着イベント

マリー・アントワネットの図書館へ行く。

ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

オーストリアに生まれ、14歳でフランス王室に嫁いだ王妃、マリー・アントワネットゆかりの品を通し、彼女の激動の生涯を辿る展覧会。肖像画をはじめ、食器や家具、衣服など約200点が展示される。そのほか、革命前後の資料や、彼女の自筆の手紙の複製など、ヴェルサイユ宮殿が企画、監修して実現したマリー・アントワネット展の集大成だ。そのほか、ヴェルサイユ宮殿内の「プチ・アパルトマン」と呼ばれるマリー・アントワネットのプライベート空間を、家具や壁の装飾を含め再現。また、現存しない図書館は、VR(ヴァーチャルリアリティ)で蘇る。世界で最も有名な女性の1人と言える彼女の生涯に迫る。

詳細情報
森アーツセンターギャラリー , 六本木 2017年2月26日 まで
そのほか本日開催されるイベント一覧はこちら

コメント

0 comments