0 Love It
保存する

今日しかできないこと:6月19日(日)

コーヒー片手に本を読む。 ー6月19日は朗読の日

コーヒー片手に本を読む。 ー6月19日は朗読の日

6月19日は、「ろう(6)、ど(10)、く(9)」の語呂合わせから、日本朗読文化協会が2001年に制定した朗読の日。今日は声に出して本を読まなくても、店内の本を読みながらコーヒーや軽食が楽しめるブックカフェに足を運んで、いつもとは違う環境で読書に浸ってみてはいかがだろうか。阿佐ヶ谷のカフェバー、よるのひるねでは、昭和情緒溢れる店内にノスタルジックな音楽や映画が流れ、ガロ系漫画、江戸芸能もの、古い週刊誌、画集などが並ぶ。アルコールやフードメニューも豊富なので、仕事帰りに立ち寄って一息つくのにもおすすめだ。また、トークショーやライブ、占いなどのイベントも頻繁に開催しており、ディープな中央線文化を堪能できる。

よるのひるねの詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

埼玉の大自然と小江戸を探索する。

西武線沿線でしかできない101のこと

都心部から東京を横断し、埼玉の観光地である川越や秩父までをつなぐ西武線。東京の住宅街を突っ切っている路線だけあり、沿線には古くから地元の住人に愛されている老舗喫茶店や、手頃な価格で住人の空腹を満たしてくれるレストラン、可愛らしい個人商店が数多く存在している。最寄りの駅ではなくても思わず通いたくなるような気持ちになるスポットばかりだ。また、終点である、小江戸こと川越と、埼玉の都会から1時間ほどで行ける大自然に溢れる秩父エリアも盛り込んでおり、観光に役立つこと必至だ。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

創作現場に立ち会う。

アーティストが場を持つということ

テキスト:高橋彩子(舞踊・演劇ライター)   観る者を引きつけてやまない舞台芸術の世界。目の前で躍動する身体や発せられた声、言葉もさることながら、上演される場所もまた、観劇には大きく作用する。そうした空間をアーティスト自らが作り提供する場合、観客は創作に深く結びついた時空間を体験することになるだろう。今回はそんなスペースを紹介しよう。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

自然に回帰する。

来週ロンドンにオープンする、全裸レストランをレポート

数ヶ月前から、ロンドンで話題になっていた裸で食事を楽しむレストラン「The Bunyadi(ボンヤディー)」がついに来週オープンする。タイムアウトロンドン編集部は、オープン前に同店を訪れた。そのレポートを紹介しよう。  そもそもボンヤディーとは、ヒンドゥー語で自然や根源を意味する言葉である。なのでレストランでは、スタッフと客は服を身につけず、電話は禁止、料理にはガスは使わず、店内の灯りはロウソクのみと、自然回帰をイメージしたコンセプトとなっている。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

コメント

0 comments