0 Love It
保存する

今日しかできないこと:5月1日(日)

鯉もさんまも眺める。ー5月1日は鯉の日

鯉もさんまも眺める。ー5月1日は鯉の日

5月1日は「こ(5)い(1)」の語呂合わせから、鯉の日。子どもの日はもう少し先だが、今日は東京タワーで開催されている『333匹の鯉のぼりと巨大さんまのぼり』を訪れてみてはいかがだろうか。鯉のぼりの333匹という数は、会場の東京タワーが高さ333mであることにちなんでいるらしい。鯉も良いが、さんまも良い。空飛ぶ魚で癒されよう。

『333匹の鯉のぼりと巨大さんまのぼり』の詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

午後は貴族になる。

東京、ホテルのアフタヌーンティー20選

1840年代にイギリスで生まれたアフタヌーンティーの文化。伝統的な3段重ねのティースタンドが主流だが、最近では、和の要素を取り入れたものからワンプレートのスタイリッシュなものまで、様々なアフタヌーンティーが登場している。ここでは、ちょっとしたおもてなしにも使える、都内ホテルのアフタヌーンティー20選を紹介する。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

童心に返る。

貴重な原画に限定商品、スヌーピーミュージアムに行くべき5つの理由

スヌーピーファンであればきっと心待ちにしているであろうスヌーピーミュージアムが2016年4月23日(土)、六本木駅近くにオープンする。カリフォルニアにあるシュルツ美術館の世界初のサテライトとなる同ミュージアム。数々の原画はもちろん、チャールズ M. シュルツが愛する家族、友人、ファンに贈った手書きのスケッチやヴィンテージグッズ、彼のルーツとなった漫画や本など、貴重な品々がギャラリー中に展示されており、ファンにはなんとも堪らない空間だ。

詳細情報
By Shiori Kotaki

今年は早めに行く。

東京、ビアガーデン2016

今年は、例年よりも早く各地でビアガーデンの営業が始まっている。夏の風物詩として愛されるビアガーデンは、1875年に横浜は山手で初めて現在のような形態で営まれ、1953年には大阪で屋上ビアガーデンが誕生した。近年は、バーベキュースタイルをとるものや、世界各国の料理が楽しめるものなど趣向を凝らした様々なビアガーデンが数多く存在しており、どこに行けばいいのかと迷うこともあるだろう。このリストでは、バラエティ豊かなビアガーデンを紹介する。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

コメント

0 comments