0 Love It
保存する

今日しかできないこと:2月21日(日)

こゝろは装丁で堪能する。ー2月21日は漱石の日

漱石『心』(岩波書店 2014年)

こゝろは装丁で堪能する。ー2月21日は漱石の日

1911年のこの日、文部省が作家、夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石は「自分には肩書きは必要ない」として辞退したことに由来して、2月21日は漱石の日。今日は日比谷図書文化館の特別展示室で開催されている、グラフィックデザイナーの祖父江慎が率いるコズフィッシュのブックデザイン展祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ』を訪れてみよう。本展示では、会期は前期『cozf編』と後期『ish編』に分けられ、現在は後期『ish編』が展示中。『ish編』では、これまでに手がけた2000冊以上の全装丁本から「21世紀の書庫」を展示。さらに、現在制作中の「漱石『吾輩ハ猫デアル』新装版」に関連した展示も登場するようだ。

『祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ』の詳しい情報はこちら

 

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

事件の一夜を振り返る。

狛江の廃銭湯にヒカシュー、The fin.。DIYパーティーの神髄

Facebook経由で届いた全文英語のその招待状は、狛江にある(らしい)ギャラリーが音楽イベントを開催する、という内容を伝えていた。出演者はヒカシュー、メルト・バナナ、The fin.、Boys Ageという4組のバンドと、DJたち。控えめに言っても、大きめのライブハウスが軽く埋まる豪華なメンツだ。それにも関わらず、エントランスはフリー。イベントの告知情報を検索しても、Facebookページ以外にインフォメーションがヒットしない。そして狛江という場所柄がそもそも音楽イベントとイメージが結びつかないことも、このイベント『The Bathhouse show』に漠然とした期待を抱かせた。 

詳細情報
By Kunihiro Miki

10作品を撮り終えたら引退すると表明するタランティーノに迫る。

インタビュー:クエンティン・タランティーノ

テキスト:Jessica Hundley 翻訳:小山 瑠美
10作品を作ったら引退すると表明している、クエンティン・タランティーノ監督。最新作の名作西部劇『ヘイトフル・エイト』は、8作目だ。ハリウッドで最も妥協しない男は、本当に監督業から身を引くつもりなのか。 本インタビューが行われたのは、12月初旬のビバリーヒルズホテル。タランティーノは、機関銃のような早口で、最新作について語ってくれた。

詳細情報
By Jessica Hundley

回転寿司は卒業する。

東京、おまかせで食べる鮨5選

回転寿司という名のリーズナブルに寿司を味わえる寿司屋が登場し、いつからか寿司はベルトコンベアーを流れるようになった。回転寿司といえど決してあなどれず、レベルの高い店も多いのだが、いつかは「回らない鮨屋」デビューしてみたいもの。ここでは、ハイクオリティのレストランのみと提携したワンランク上のレストラン予約サービスを行っている『ポケットコンシェルジュ』とコラボレーションし、おまかせでネタを注文することのできる鮨屋を紹介する。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

コメント

0 comments