0 Love It
保存する

今日しかできないこと:10月16日(日)

上司と呑む。ー10月16日はボスの日

上司と呑む。ー10月16日はボスの日

10月16日は、経営者と部下の関係を円滑にするための日。アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスが、会社を経営していた父のために1958年に提唱した。アメリカではこの日、ボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりしている。今日は上司をランチや飲み会に誘ってみてはいかがだろうか。とはいえ、明日は月曜。夜遅くまで飲むと仕事に支障がでるという人は、上司と『横浜オクトーバーフェスト2016』で昼から呑もう。同イベントの今年の目玉は、本場ドイツはバイエルン州ニュルンベルクで350年の歴史を持つテューハー醸造所と、世界ビアソムリエチャンピオンが手がけるリーゲレ醸造のビールの日本初上陸だ。

『横浜オクトーバーフェスト2016』の詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

狂言から人間を学ぶ。

インタビュー:九世野村万蔵

伝統芸能、それも江戸の町衆に支持された歌舞伎ではなく、貴族や武家の寵愛を受けた能楽と聞くと、堅苦しく近寄りがたい印象を受ける向きも多いかもしれない。しかし、九世野村万蔵のおおらかな人柄に触れれば、能楽に対するそのような感想が当たらないものであるということに同意してもらえることだろう。 「狂言には『人間を愛したり、許したりしないといけませんよ』というメッセージが込められているんですよね」と話してくれたのが九世野村万蔵、狂言の二大流派のひとつ和泉流の野村万蔵家9代目当主だ。

詳細情報
By Kosuke Shimizu

ウィッシュリストを埋める。

東京、ベストショップ100

東京には、あらゆる客に応える巨大ストアから、ニッチなコレクターを魅了する専門店まで、星の数ほどの店が存在する。ファッションひとつとっても、ドメスティックブランドで最先端のハイエンドファッションに身を包むも、マニア垂涎もののスニーカーを手に入れるも、すべてが望むままだ。毎日に新しい風を吹き込みたいなら、ユニークなテーマを掲げるコンセプトストアや、日々の生活を豊かにするライフスタイルショップを巡ってみるものもいいだろう。ここでは、新たに加わった旬のヴェニューから定番の老舗まで、タイムアウト東京が選んだ100軒を紹介する。

詳細情報

大自然に圧倒される。

隠岐でしかできない10のこと

島根半島の北方、日本海に浮かぶ隠岐は、4つの大きな島と、他の約180の小島からなる諸島。円形で最も大きな島を「島後」と、西ノ島、中ノ島(海士町)、知夫里島(知夫村)の3島を「島前」と呼ぶ。ダイナミックな侵食地形と離島独特の文化や歴史、生態系を持ち、世界的に価値のある地質や地形を含む地域として、ユネスコ世界ジオパークに認定されていることでも有名だ。今回は、ローソク島、国賀海岸、乳房杉など、自然豊かな隠岐を10のトピックスで紹介。物に溢れたせわしない都会を抜け出して、美しい隠岐へ旅立とう。

詳細情報
By Kisa Toyoshima

コメント

0 comments