世界目線で考える。クールジャパン編 #1

0 Love It
保存する
世界目線で考える。クールジャパン編 #1

タイムアウト東京が主催するトークイベント『世界目線で考える。』は、毎回多彩なゲストを迎えて、日本のインバウンド観光や日本人の海外進出などをテーマにした熱いトークライブを繰り広げてきた。2014年11月から、新たに「クールジャパン」をテーマにした全4回のシリーズが始まる。第1回目のゲストは、アソビシステム株式会社代表取締役社長の中川悠介。きゃりーぱみゅぱみゅを世に送り出し、カワイイカルチャーを世界に広げてきた彼が現在、注力している世界戦略プロジェクト『もしもしにっぽん』とは、何なのか。何を目的にどういった展開をしていくのか。これまでのアソビシステムの海外での事業展開の経験なども交え、中川流のリアルなクールジャパン戦略を語ってもらう。第1部は、中川悠介によるトークライブ。第2部は、タイムアウト東京代表の伏谷博之が聞き手として参加し、参加者とのQ&Aも交えたトークセッションを予定している。定員は80名。参加方法については下記のサイトを参照してほしい。

チケットの申込はこちらから
※定員80名に達し次第終了。

中川悠介 プロフィール
1981年、東京生まれ。イベント運営を経て、2007年に年にアソビシステムを設立。「青文字カルチャー」の生みの親であり、原宿を拠点に地域と密着しながら、ファッション・音楽・ライフスタイルといった、原宿の街が生み出す“HARAJUKU CULTURE”を、国内はもとより世界に向けて発信し続けている。近年はイベントを原宿のみならず全国・世界で展開するなどその活動は多岐にわたる。2014年2月には原宿の3商店会(原宿神宮前商店会、原宿表参道欅会、原宿竹下通り商店会)と米ロサンゼルスのファッションストリート「メルローズ」通りの姉妹通り締結をプロデュースするなど、地域と密着しながらそのカルチャーを世界に向けて発信し続けている。
http://asobisystem.com/
http://moshimoshi-nippon.jp/

LiveReviews|0
1 person listening