2 Love It
保存する

東京、まぜそば20選

武蔵境、吉祥寺、練馬、蒲田、曙橋で味わう汁無しの旨味

Text by vettsu、メンチャック

タイムアウト東京のラーメン特集。今回は「油そば」「まぜ麺」などの別称でも親しまれる汁無しラーメン、「まぜそば」をご紹介する。武蔵野、西東京エリアを中心に広がり、いまでは全国に名店が点在する「まぜそば」。トッピングもマヨネーズ、鶏スープから辣油、生卵までさまさま、女性に人気の店舗から居酒屋的な店までバリエーションも幅広いジャンルになってきた。ランチに仕事帰りに、近くの店舗を見かけたら、是非トライしていただきたい。

武蔵境:珍珍亭

元祖の味を確かめる
武蔵境駅から徒歩10分、東小金井方面にあるラーメン店。創業は1958年で、油そば発祥の店といわれる老舗だ。『油そば(並)』(600円)は、醤油ベースのこってりスープにもちもちの太麺、新鮮なネギが相性抜群で、素朴ながらクセになる味わいだ。元祖の味をぜひ確かめてほしい。

詳細情報
武蔵野

東小金井:宝華

鶏スープが個性を発揮
JR中央線東小金井駅南口を出てすぐ、赤い下地に『宝華』の大きな文字の看板。40年以上の歴史を持つこの中華料理屋の人気定番メニューが油そば『宝ソバ』(650円)だ。通常の油そばといえば、麺、タレ、油の組み合わせが基本だが、『宝ソバ』には少量の鶏スープが加えられる。これにより、油っぽくなりすぎず滑らかで味わいやすい一品に。具材は、かいわれ、ネギ、メンマ、ナルトに、歯応えのある厚切りのチャーシュー。長年、看板メニューとして君臨し続けているだけあって、個性が際立つ一杯だ。

 

詳細情報
東小金井

ぶぶか 吉祥寺北口店

女性向けメニューも、吉祥寺の油そば人気店
吉祥寺パルコ裏にある油そば専門店『ぶぶか』の吉祥寺2号店。チャーシュー、なると、海苔、メンマ、ネギがのった『油そば』(590円)、とんこつベースの『ラーメン』(580円)、『かちもりつけめん』(690円)には、好みでトッピングが可能。人気コンビネーションは『油そば』の生卵トッピングだ。また女性向けには、コラーゲンやフレッシュ野菜の上に、シーザードレッシングとパルメザンチーズで味付けした『乙女の油そば』(700円)もある。

詳細情報
吉祥寺

東小金井:一平そば

生卵トッピング必須の定番油そば
JR中央線東小金井駅北口から徒歩12分ほど、法政大学の先にある店。看板メニューは『一平ソバ』(550円〜)と名付けられた油そばだ。汁無しの丼に、太麺、タレ、油が入り、チャーシュー、ネギ、メンマ、ナルトなどの具材がのるオーソドックスな油そばスタイルだが、麺とタレがよく絡み、しつこくなりすぎない濃厚さがちょうどよい。卓上には、追加のタレ・酢・辣油・紅生姜・ゴマ・ニンニク・マヨネーズなどの調味料がならび、自分好みの味調整ができるのも嬉しい。トッピングも充実しているが、生卵トッピングはマストでつけたい。テラス席もあり、老若男女で賑わう店内。その人気の秘密は、『一平ソバ』を食べればわかるはずだ。

詳細情報
小金井

練馬:麺・酒・やまの

名古屋「台湾まぜそば」系統のジャンクな魅力
西武池袋線、地下鉄大江戸線練馬駅から徒歩3分、地下にある店舗。都内で数店舗のラーメン店を経営する『とらのこグループ』の代表が2013年にオープンさせた。看板メニューは名古屋のご当地ラーメンとして人気を博している「台湾まぜそば」から着想した『まぜそば052』(780円)だ。醤油やニンニク、唐辛子などで味付けされた牛肉と豚の台湾ミンチや卵黄、ニラ、ネギ、海苔、魚粉、刻みニンニクなどの豊富な具材と、モチモチの太麺と塩ダレを思いっきり混ぜて食べる。圧倒的にジャンクな味わいは病みつき間違い無し。そして、麺を食べ終わった後には、負い飯(無料の白飯)を注文すると、残った具材で「まぜめし」が楽しめる。ジャンク好きにはたまらない店だ。

詳細情報
練馬

国分寺:まぜまぜムタヒロ

マイルドで甘口、国分寺の人気店
JR中央線国分寺北口から徒歩5分。油そばの発祥の地である西東京エリアに2013年にオープンした、『中華そばムタヒロ』が手掛ける汁なし麺の店。メインメニューの『まぜまぜ』(700円)はモチモチとした縮れ麺に昆布とシイタケをベースにした、甘めのタレに煮干し粉末を加えた一杯。具材にはシャキシャキのモヤシに、豚バラ肉、きざみネギ、きざみのり、みつばなどがトッピングされている。全体的に甘口でマイルドな味わいに仕上がっている。そのまま食べてもいいが、お好みでマヨネーズやにぼしの効いたにぼ酢、温玉など、豊富なトッピングもうれしい。無料で、ごはんとスープがつくのも嬉しい。

詳細情報
国分寺

蒲田:麺場voyage

魚介とキノコ出汁の旨味を味わう
JR蒲田駅から徒歩7分、魚介とキノコのメニューを中心にした人気店。看板メニューは『帆立とキノコ出汁の潮ラーメン』(700円)、『帆立とキノコ出汁のつけ麺』(S700円、M800円、L900円)、『帆立とキノコ出汁の和えそば』(S700円、M800円、L900円)。どれもキノコフレークがふんだんに使われている。『和えそば』は和風パスタのような出で立ちで、キノコフレークの旨味が染み込んだ塩味のタレに中太のストレート麺がからみ、ネギや海苔、大根おろしなどの具材がのる。さっぱりとしたうま味が光る一杯だ。お店の2階はバースタイルで、酒の肴に麺、というスタイルも良い。

 

詳細情報
蒲田

池袋:BASSOドリルマン

つけ麺人気店のもう一つの魅力
池袋駅から静かな住宅地を抜けて歩くこと15分。木を基調とした洋風の外観が目を引くラーメン店。ここの特徴は国産小麦を使用した、ツルっとした舌触りと柔らかい喉越しの自家製麺。中華そばやつけ麺も人気のお店だが、専用の太麺で提供される油そば『ABURASSO』(750円〜)も人気。ニンニク油入りの醤油ダレをベースにした油そばで、2種類のチャーシューや白髪ネギ、玉ねぎ、青ネギ、海苔、細めのメンマなどの豊富な具材がのる。豪快に混ぜ合わせて、がっつり味わいたい濃厚な一杯。最後は少しだけ麺を残してスープ割りもお願いして、また違った味わいを楽しめる。

詳細情報
池袋

赤羽:自家製麺 ほうきぼし 赤羽店

スパイス豊富な汁無し担々麺の世界
地下鉄志茂駅、JR赤羽駅、それぞれから徒歩約10分、住宅地の中にある担々麺の店。決して駅から近い店ではないが、客足の絶えない人気店となっている。一部テレビやネットで話題の若き女性店主がたどりついたオリジナルの担々麺は、自家製辣油と唐辛子を中心に、花椒などの10種類以上のスパイスをブレンドした、うま辛が楽しめる一杯に仕上がっている。人気メニューは『汁なし担々麺』(880円)で、一般的なものと違い、ナッツ、揚げ麺、ニンニクチップ、挽肉、青菜のトッピングがされている。具と麺、辣油をしっかりと絡ませると絶品。口直しのスープつき。辛さは4段階で調節が出来る。その他に、『担々麺』(880円)、『雪のたんたん』(880円)、『たんたんつけ麺』(850円)などがある。

詳細情報
赤羽

東十条:燦燦斗

無化調ラーメン人気店のヘルシーな油そば
東十条駅北口を出て、左手側にある坂道を下る途中にあるラーメン店。魚介豚骨醤油の無化調ラーメンが特徴のラーメン屋で、裏メニューとして提供していた『油そば』(700円)が今では人気メニューのひとつになっている。見た目はがっつりとジャンクな印象を受けるが、その印象とは正反対で、とにかく優しい味わいで深い味に感動すら覚える油そばに仕上がっている。通常のラーメンと同じタレで、背脂から仕込んだ油から生み出されるちょうどよい濃度の塩味が病み付きになる。チャーシューは程よい厚みで、低温調理された絶妙の柔らかさ。別皿で出される卵黄を混ぜ合わせると、よりマイルドになる。行列に並んででも食べたい一杯だ。

詳細情報
十条
もっとみる

コメント

0 comments