• ブログ
  • シティライフ
0 Love It
保存する

「Love Tokyo Awards」受賞者を発表。村上隆ら登壇

「Love Tokyo Awards」受賞者を発表。村上隆ら登壇

タイムアウト東京が電通、JTBコミュニケーションデザインと共同で開催した、リアルな東京の魅力を世界に伝える『Love Tokyo Awards』の授賞式が、2016年12月21日(水)ヒカリエホールにて行われた。同式典では、2016年に東京で注目を集めたレストラン、カフェ、バー、ショップ、プロダクトや、東京を訪れる人におすすめしたいアクティビティ、2016年に東京に影響を与えた人物が選出された。

受賞者の発表に移る前に、受賞者の決定方法について復習しておこう。数ヶ月間ににおよぶ審査期間では、世界各地に展開するタイムアウトネットワークから専門家を選りすぐり、東京に結集させ、審査員として選抜チームに加わってもらった。彼らの激しい議論の末に、5つのカテゴリー「レストラン」、「カフェ」、「バー」、「ショップ」、「プロダクト」についての最終的な結論は出されたわけである。一方、タイムアウト東京チームでは、「アクティビティ」の5件と「Face of Tokyo」6名について、候補を絞り込んだ上で受賞対象とした。

さて、2016年、東京で最も愛されたグルメ、ショップ、モノ、人は何だったのか。

まずはベストレストラン賞。最も関心の集まるこの賞は、銀座きた福に贈られた。垂涎の蟹料理専門店であるきた福は、審査員一同から一貫して高い評価を得た。

  

続くベストバー賞は、東京ステーションホテルのBar Oakが受賞。審査員はとりわけ、特製カクテルを自ら考案したバーマスターの杉本壽に感銘を受けた。杉本が立つバーは、その赤レンガと木材の装飾からなる内装が、復元を終えた東京駅の外観と完璧な調和を見せている。

ベストカフェ賞を受賞したのは、緑茶と和菓子の専門店HIGASHIYA GINZA。この茶房は、日本の伝統的な菓子に新しい工夫を凝らしている。銀座の雑踏を長時間歩いた疲れを癒やすには、最適の場所だ。

 

 

そして、ベストショップ賞に選ばれたのは、伝統とトレンドを発信する百貨店、伊勢丹新宿店。日本で最もトレンドに敏感なデパートとして、今回の受賞は納得の結果と言える。ウィンドウディスプレイの制作に最先端のアーティストを起用していることも好評価を得た。 

 

今回の授賞式で最も大きな拍手を受けたのは、tokyobikeだったかもしれない。今回、ベストプロダクト賞を手にしたこの自転車専門店は、谷中にて2002年に創業。以来、シンプルで魅力的な自転車を世に送り出してきた。

 

 
最後に発表されたのは、ベストアクティビティとFace of Tokyo。ベストアクティビティは、相撲部屋の朝稽古の見学から東京の古い路地の散策まで、幅広い活動に賞が贈られた。また、人物賞であるFace of Tokyo、つまり、2016年に東京をより良い場所にすることに貢献した人々は、アーティストの村上隆や椎名林檎など6名に贈られた。

受賞者リスト

■Best Restaurant: 銀座 きた福
■Best Bar: Bar Oak
■Best Cafe: ヒガシヤギンザ
■Best Shop: 伊勢丹新宿店
■Best Product: tokyobike
■Face of Tokyo:
・栗栖良依
・齋藤貴弘
・椎名林檎
・新海誠
・星野佳路
・村上隆

受賞者全員のコメントは、こちらの『2016年の東京を総まとめ、「Love Tokyo Awards」をレポート』に審査員の講評とともに記載されているので、確認してほしい。

For any feedback or for more information email

コメント

0 comments