Owl City

0 Love It
保存する

アメリカ・ミネソタ州の自宅地下室から、全英・全米ナンバーワンシングル『Fireflies』を叩きだしたOwl CityことAdam Young。日本でもテレビやラジオでパワープレイされ、どこまでも優しく、ピュアな彼の音楽の虜になった人は多いはずだ。2009年にはMaeのゲストアクトとして来日したが、アルバム『Ocean Eyes』の日本盤発売と世界的大ブレイクが起こったのはその後のこと。クアトロからShibuya AXへとスケールアップさせた今回の初単独公演は、必見の1本だ。