8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!

0 Love It
保存する
8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!

福島で、音楽を中心としたフェスティバルの開催、そしてそのフェスをきっかけに様々なプロジェクトを長期的に展開する『プロジェクトFUKUSHIMA!』によるフェスティバル。福島から、日本各地、世界各地へ呼びかけ、世界中で同時多発的に開催される。大小様々、音楽だけでなく、ダンス、美術、詩、演劇、映画、その他の多様な表現を通じて、同時多発的にFUKUSHIMA!を発信する。会場では放射線量の測定も定期的に実施、当日は、福島駅~会場間のシャトルバスも運行する。


パート1「福島大風呂敷」(9:00~11:00 四季の里)
木村真三博士原案、美術家の中崎透、建築家のアサノコウタの他、多数の人達の手により全国から集まった布地が縫い合わされ、2時間かけて会場に敷き詰められる。この巨大な大風呂敷はこの日一日四季の里を覆う。

パート2「福島音楽解放区」(11:00~14:00 四季の里)
巨大な大風呂敷の敷かれた会場の様々な場所で、同時多発的に音楽ライブやパフォーマンス、ダンス、美術、サウンドインスタレーション等、様々な表現が行われる。演奏する場も出演者自らが選び、お客さんは会場内を自由に歩きながら様々な音楽を「発見」できる。

パート3「オーケストラFUKUSHIMA! & 福島群読団2011」(14:20~ 四季の里)
大友良英率いる巨大アンサンブル「オーケストラFUKUSHIMA!」、和合亮一率いる「福島群読団2011」の大競演。いったいなにが起こるかは当日までわからない。事前に行われる【スクールFUKUSHIMA!】のワークショップに参加した方はこれらのセットへの参加も可能。ぜひ体験しほしい。

パート4「メルトダウンFUKUSHIMA!」(15:40~21:00 四季の里&あづま球場)
14プロジェクト、100人余りの出演者による福島初、そして福島発の一大音楽イベント。ウォーターステージとフラワーステージ(四季の里)、スタジアムステージ(あづま球場)の3つのステージを使って様々なコンサートやイベントが展開されます。この様子はインターネットTV【DOMMUNE FUKUSHIMA!】により全世界に中継、また世界各地、日本各地で同時多発的に行われる【世界同時多発イベントFUKUSHIMA!】ともネット中継で結ぶ。単に福島を応援するのではなく、単に被害を受けたFUKUSHIMAを見せるのではなく、福島から世界に向けて積極的に言葉を、音楽を発信する。

イベントのウェブサイト http://www.pj-fukushima.jp/815fes.html