ピー・ウィー・エリス・ファンク・アセンブリー

0 Love It
保存する
ピー・ウィー・エリス・ファンク・アセンブリー

骨太なジャズサックスと、The J.B.'sサウンドやジャコ・パストリアスとの『ザ・チキン』に象徴されるファンキーなプレイで、アメリカの音楽史に名を刻むオリジネイター、ピー・ウィー・エリスが、自身のユニット「ファンク・アセンブリー」で公演を行う。50年代のジャズミュージシャンとしてのキャリアを経て、60年代にファンクの地平を開拓した彼は、のちにヴァン・モリソンとの共演や、近年ではジンジャー・ベイカーとのバンドで楽曲を発表するなど、その円熟味を増した音色をジャンルを越えて響かせている。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening