自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守

映画, アニメーション
0 Love It
保存する
1/3
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』©1995 士郎正宗 / 講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
2/3
『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』©1984 東宝 ©高橋留美子/小学館
3/3
『イノセンス』©2004 士郎正宗 / 講談社・IG, ITNDDTD

日本の映画監督が自選した映画を特集するフィルムセンターの恒例企画。今回は、押井守監督を取り上げる。テレビアニメーションの絵コンテ、演出からキャリアをスタートした押井は1983年に『うる星やつら オンリー・ユー』で劇場映画監督デビュー。その後、劇場版『機動警察パトレイバー』2部作や『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』を発表し、ジェームズ・キャメロンやウォシャウスキー姉妹らに多大な影響を与えた。今回の特集は、過去最大規模の20作品を通してその軌跡を振り返るほか、トークイベントも予定されている。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening