カリーナの林檎~チェルノブイリの森~

0 Love It
保存する
カリーナの林檎~チェルノブイリの森~

日本人監督スタッフと現地ベラルーシ、ロシア人スタッフが共に撮影した、劇映画「カリーナの林檎~チェルノブイリの森」。現地取材をし、ベラルーシ国の美しい自然と、見えない放射線で冒された大地がある悲劇を描いた作品。


ストーリー
ベラルーシの少女カリーナは大好きなおばあちゃんの住む田舎の家で夏休みの最後の時を過ごしていた。居住禁止区域のすぐ隣りの村にあり、放射能汚染の危険がある家。カリーナには信じられないことだった。空も川も森も、庭のりんごも、いつもと変わらずきれいに見えるからだ。

カリーナの一家はかつてこの家に住んでいたが、ママの発病、入院で家族はバラバラになっていた。ある日カリーナは入院先のママからこんな話を聞かされる… 「チェルノブイリという街には悪魔のお城があって、毒を撒き散らしているんだよ」このことをカリーナはおばあちゃんに聞いてみた。するとおばあちゃんは「悪魔なんか神様がやっつけてくれるさ」と笑った。

しかし、冬に入っておばあちゃんは具合を悪くした。ママの病気も悪化した。カリーナはいつもより強く神様にお祈りした。しかし、ついにカリーナまでも病に倒れてしまった。神様はどうして悪魔をやっつけてくれないんだろう。入院先おの友達が亡くなっていく…カリーナは死を目の前にして、あることを決意する。

「神様が何もしてくださらないなら、私が悪魔に頼んで毒をまくのをやめてもらおう」こうして、カリーナは病院を抜け出し、一人きりで悪魔のお城があるチェルノブイリを目指して旅立った。

イベントのウェブサイト http://kalina-movie.com