0 Love It
保存する

秋葉原、定番ラーメン15選

くろ㐂、田中そば店、青島食堂、九州じゃんがら、天神屋、秋葉原で外せない一杯

Text by メンチャック

きらめくネオンがまぶしい電気街として、世界にその名を馳せる秋葉原。実はここ数年、この街に新規参入してくるラーメン店は増加の一途をたどり、東京都内でも屈指の新ラーメン激戦区としての顔を持つ。あらゆるジャンルのラーメン店が立ち並ぶ秋葉原エリアは、東京のラーメンにおけるトレンドが凝縮しているといっても過言ではない。ここでは、ラーメンハンターが厳選した、秋葉原で外せないラーメン店を15軒紹介する。電気街散策の腹ごしらえガイドにお役立ていただきたい。

日本料理店出身の店主による至高の一杯

2011年6月にオープンして以来、連日賑わう秋葉原屈指の人気店、饗 くろ㐂。ここで提供するのは、塩と味噌の2種。塩の方は、鶏がらやモミジからとった清湯に、カツオや焼きあご、サンマなどからとった魚介出汁を効かせたもの。そして味噌は、豚骨、鶏がらをじっくり煮込んだクリーミーなスープに、煮干と海老の香りを合わせた独特の味だ。それぞれに、6種類の塩をブレンドした塩ダレ、信州、京都の味噌に胡麻やアーモンドを加えた味噌ダレが加えられる。麺は平打ちか細打ちの自家製麺を選ぶことができる。日本料理店出身の店主の経験に裏打ちされた、至高の一杯。

饗 くろ㐂
料金:980円
アクセス:秋葉原駅昭和通り口より徒歩9分
営業時間:11時30分~15時00分、18時00分~21時00分

詳細情報
秋葉原

もっちり歯ごたえの極太自家製麺

昭和通り沿い、ビル地下の飲食街にある隠れ家的なラーメン屋、らーめん紬麦。香川県産の希少なうどん粉を使った、もっちりした歯ごたえの自家製麺を使っているのが特徴。毎日店内で打っているという麺は、極太のストレート麺で噛むほどに小麦の香りが広がる。また、丸鶏、ゲンコツ、鶏ガラを合わせたスープは優しい味わいで、麺の風味に寄り添うタイプ。まずは一番シンプルな『ラーメン』(750円)で、麺とスープを堪能してみてほしい。

らーめん紬麦
料金:『ラーメン』750円 
アクセス:秋葉原駅昭和通り口より徒歩2分
営業時間:ランチ 11時30分〜14時15分、18時00分〜20時00分

詳細情報
秋葉原

新潟発、昔懐かしい正統派

秋葉原でも圧倒的な人気を誇る青島食堂は、駅から向かうとシャッターが閉まっているように見えてとまどうが、東側にシャッターの開いた入り口がある。新潟県長岡市の人気ラーメン店が東京進出を果たしたという同店のラーメンは、鶏だし生姜風味の醤油味のスープに、少し太めでコシのある黄色っぽい麺、よく味のしみた柔らかいチャーシュー、歯ごたえのあるメンマ、ナルトが載るというもの。全体的にシンプルな構成で、外観も昔懐かしい正統派ラーメンといった風貌だが、それぞれの具材の個性がしっかりとまとまっており、美味いの一言。

青島食堂 秋葉原店
料金:『青島ラーメン』600円
アクセス:秋葉原駅昭和通り口より徒歩5分
営業時間:11時30分〜19時00分

詳細情報
秋葉原

クリアーであっさりした豚骨

足立区で人気のラーメン店、田中そば店が姉妹店を秋葉原に構えている。博多豚骨ラーメンをベースとした『中華そば』(700円)は塩ダレを基調とした一杯だが、豚骨ベースだがクリアーなあっさり味が特徴だ。唐辛子とニンニクを油で炒めたオリジナルトッピング「特製唐華」を入れるとガラリと味が変わり、最後まで飽きずに楽しめる。あっさりしているのに、食後感の強い一杯は女性にもおすすめできる。

田中そば店
料金:『中華そば』700円
アクセス: 末広町駅3番出口より徒歩2分
営業時間:11時00分~21時00分

詳細情報
末広町

鶏ガラ×カツオ×昆布の上品系

大山地鶏の鶏ガラをベースに、本花ガツオと日高産真昆布で丁寧にダシをとった、クリアーな清湯スープが絶妙の美味しさの福の神食堂だが、そのスープを満喫するならば、チャーシューとメンマ、海苔だけのシンプルな具材が載る『中華そば』(680円)がおすすめ。美しい琥珀色のスープは、鶏の旨味と魚介の風味が美しい余韻を残す。こってり派には、濃厚な動物系スープの『つけ麺』(750円)も人気の一品。

福の神食堂
料金:『中華そば』650円
アクセス:末広町駅3番出口より徒歩4分
営業時間:11時00分~21時00分(土曜は20時00分まで)

詳細情報
秋葉原

濃厚つけ汁×麻の実入り特製麺

麺屋武蔵系列で、つけ麺をメインに提供する麺屋武蔵 巖虎は、魚介系と動物系のスープを10時間煮込んだ、少し甘めの濃厚なつけ汁が特徴。ここに、麻の実が練りこまれた風味豊かな麻麺がベストマッチ。トッピングは柔らかい味玉と厚みのあるチャーシュー、麺の量は中盛、大盛でも同料金とくれば、満足感は高い。メニューは『つけ麺』(750円)のほか、二郎の亜流系の『巌流島ら~麺』(750円)などもある。カウンターには刻みニンニクや唐辛子などもおかれており、二郎系ラーメン満喫したい客への配慮も嬉しい。

麺屋武蔵 巖虎
料金:『つけ麺』(750円)
アクセス:秋葉原駅電気街口より徒歩5分 
営業時間:11時00分~22時00分

詳細情報
秋葉原

宮崎の味、さつま揚げ入りピリ辛あん

宮崎県で創業60年を数えるという老舗ラーメン屋、あたりや食堂の東京初進出店。汁なし麺にあんをたっぷりかけた『雷々麺』(700円)は、ここでしか食べられないユニークな一杯だ。あんはピリ辛の鶏ガラベースで、挽き肉、ニラ、タマネギ、椎茸に九州名産のさつま揚げが入り、ボリュームたっぷり。とろりとしたあんによく絡む麺は、中太で少し柔らかめのストレート麺。よく混ぜて食べると、野菜とさつま揚げ、麺とあんが一体となり、ペロリと食べられてしまう。

あたりや食堂
料金:『雷々麺』(700円)
アクセス:秋葉原駅昭和通り口より徒歩3分 
営業時間:11時00分~15時00分、17時00分〜22時00分

詳細情報
岩本町

店主の心意気がこもった、粋な一杯

子供の頃食べた懐かしいラーメンの味を再現したいという店主の思いが詰まった“粋な”一杯が楽しめる、粋な一生では、塩、味噌、醤油の定番メニューに、動物系・魚介系・白湯系、3種類のスープを組み合わせているのが特徴。『塩ラーメン』(700円)は、動物系のコクと魚介の風味をブレンドしたすっきりとした味わい。中細麺、チャーシュー、水菜などが載る一杯は最後まで飽きずに楽しめる。また、『味噌ラーメン』(700円)は、オーダーごとに中華鍋でシャキシャキに野菜を炒めて作る熱々の一杯で、3種類の味噌をベースに、特製の味噌ダレと長時間煮込んだ白湯スープが合わさり、濃厚でクリーミーな味わい。

粋な一生
料金:『塩ラーメン』(700円)
アクセス:秋葉原駅昭和通り口より徒歩5分 
営業時間:11時00分~22時00分(土日祝は20時00分まで)

詳細情報
浅草橋

東京豚骨ブームの立役者

90年代後半に新潮流となった、東京豚骨ブームを牽引した人気チェーン、九州じゃんがらの本店が秋葉原にある。今でも絶え間なく客が訪れる人気店だ。昔から変わらない一杯の『九州じゃんがら』(600円)は、豚骨と鶏がらのWスープで、滑らかな口当たりで万人受けする豚骨風味が特徴。おすすめは味玉、めんたいこ、角煮などが入った『全部いり』(1,000円)。その他のメニューに、げんこつの味わいを前面に出し、濃厚さが際立つ『ぼんしゃん』(700円)など、基本メニューだけで7種類以上ある。進化しつづける定番店では、たまに無性に食べたくなる安定の一杯を味わいたい。

九州じゃんがららあめん 秋葉原本店
料金:『全部いり』(1,000円) 
アクセス:秋葉原駅電気街口より徒歩4分
営業時間:10時30分~23時30分(土日祝は9時30分〜23時30分)

詳細情報
秋葉原

いつまでもがんこであり続ける一杯

1982年に一条安雪が高田馬場ではじめたラーメン屋を源流とする一条流がんこラーメンのひとつ。外に券売機があり、暖簾の代わりに「営業中」を意味する牛骨がぶら下げられているのが目印だ。メニューはコッテリ、アッサリ、チョッテリの3種類がある『豚骨醤油』(標準で700円)と、しそ風味の『塩』(標準で800円)。透き通ったスープは脂分が多く、塩気が強いのが特徴的だが、キレがある。大胆に2枚載る柔らかいチャーシュー、歯ごたえのあるメンマ、中細の縮れ麺はスープによく合う。シンプルでオーソドックスだが癖になる一杯で、いつまでもスタイルを崩さないところががんこ流は根強いファンを魅了する。

元祖一条流がんこラーメン八代目
料金:『豚骨醤油』(700円〜) 
アクセス:末広町駅3番出口より徒歩4分
営業時間:11時30分~16時00分、17時00分〜19時00分

詳細情報
末広町
もっとみる

コメント

0 comments