2 Love It
保存する

東京、フルーツパフェ15選

浅草、日本橋、三軒茶屋、新宿で味わうデザートの王者

パフェの定義は国や人により異なるが、日本では背の高いグラスにアイスクリームやフルーツ、生クリームを重ねたものをイメージする人が多いだろう。フランス語で「完璧」を意味する名前の通り、美しさと美味しさを兼ね備えたパフェは、デザートの王者として甘党の心をつかんで離さない存在だ。ここではフルーツを使用したパフェに絞り、老舗のフルーツパーラーから、青果店に併設されたレトロな店、独創性溢れるカフェレストランなど、タイムアウト東京が推薦する15軒を紹介する。どの店も時期により扱う果物が変わるので、季節ごとに訪れて旬の味覚を味わってほしい。※掲載されている情報は2014年3月末時点のものです。

フルーツパーラーゴトー

浅草の人気店、フルーツパーラーゴトーでは、数種類の品種を食べ比べることができるメニューがおすすめ。『ペルー産とフィリピン産2種のマンゴー食べ比べパフェ』(1,400円)は、2種類のマンゴーと自家製マンゴーアイスでマンゴーを堪能できるパフェ。柔らかく爽やかな酸味を持つフィリピン産カラバオマンゴー(上段)と今が旬でしっかりとした食感のペルー産マンゴー(下段)をたっぷりと使用。確かな味の違いを楽しもう。

詳細情報
浅草

フルーフ・デゥ・セゾン

喫茶店のような店構えのフルーフ・デゥ・セゾンでオールシーズン提供される『フルーツパフェ』(1,500円)は、たっぷりと飾り盛られたフルーツが圧巻の一品。フルーツに囲まれた中心には3種のシャーベットが入り、さらにその下には細かく刻まれたフルーツが埋まっており、最後までフルーツを楽しめる。シェアして食べても十分なほどボリュームたっぷりだ。

詳細情報
末広町

フルーツカフェ フルータス

色々食べられるフルーツパフェも良いが、門前仲町のカフェ フルータスでは、ひとつのフルーツを堪能できるパフェを頼もう。『マンゴーパフェ(メキシコ産)』(2,100円)は、大ぶりにカットされたマンゴーが、気をつけて食べないとこぼれてしまうほど、ぎっしり盛られている。バニラアイスに滑らかな舌触りのマンゴーソルベもたっぷり入り、ボリューム十分。果物によっては、チョコレートやキャラメルのアイスクリームが添えられるのも特徴的だ。

詳細情報
門前仲町

千疋屋総本店 日本橋本店 フルーツパーラー&レストラン

高級フルーツパーラーの代名詞、千疋屋総本店の定番『千疋屋スペシャルパフェ』(1,785円)には季節のフルーツが数種類のるが、どれを食べても納得の美味しさ。フルーツの甘さへの自信からか、たっぷりのった生クリームは甘めだ。食べ進めるとバナナのアイスクリーム、マンゴーのソルベ、バニラアイスクリーム、苺のソースと次々に色々な味が飛び込んできて最後まで盛り下がることなく食べることができる。

詳細情報
日本橋

果実園 東京店

東京駅構内にあるフルーツパーラー、果実園 東京店は、パフェだけでも驚く程の種類があり、迷ってしまうほど。はじめはスタンダードな『フルーツパフェ』(950円)を頼もう。10種類以上ものその時々のフレッシュな果実がグラスから豪快にはみ出る程乗り、フルーツ好きにはたまらない。フルーツの下には生クリームとストロベリー、メロン、バニラなどのアイス、底には大きくカットされたバナナがごろごろ入り、バリューム満点だ。

詳細情報
丸の内

資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店

銀座の老舗、資生堂パーラーのカフェで提供されるのは、資生堂の美学を感じる洗練されたパフェ。『ストロベリーパフェ』(1,680円)は、酸味のある苺に、濃厚なバニラと、どこか懐かしいミルクたっぷりの苺の2種のアイスクリーム、粒がしっかり感じられるストロベリーソースを、背の高いグラスの底まで詰めこんだ贅沢な一品。苺の魅力を存分に味わえるだろう。

詳細情報
銀座

フルフル

2012年に閉店したホットケーキの名店、万惣フルーツパーラー出身の職人にによる赤坂のフルフルは、ホットケーキはもちろん、フルーツにも強いこだわりを持っている。『フルーツパフェ』(1,200円)に入る果物は季節によって変わるが、苺、オレンジなどの定番に加え、きんかん、プルーンなどユニークなセレクトも楽しい。中には、アイスクリーム、ラズベリーのソルベ、ナタデココなどが入り、さっぱりとした味わいだ。

詳細情報
港区

フルーツパーラーフクナガ

パフェの名店として知られる四谷三丁目駅のフクナガ。人気の理由はなんといっても果物の質の高さ。春先に食べられる『いちごパフェ』(900円)は、甘みのある苺がグラスの中までたっぷり。複数の品種をブレンドした濃い味わいの苺のシャーベット、素朴なアイスクリーム、苺のソースとシンプルながら素材を生かした仕上がり。パフェメニューをすべて制覇するとプレゼントがもらえるスタンプカードもあり、ついつい通ってしまいそう。

詳細情報
四谷三丁目

西村フルーツパーラー

渋谷道玄坂にある西村フルーツパーラーは、いつも観光客で賑わっている老舗の人気店。とちおとめを使った『ストロベリーパフェ』(945円)は、リーズナブルで1年中食べられる定番人気メニュー。濃厚な苺ジャムとバニラアイスの上には、生クリームといちごシャーベット、そしてたくさんのとちおとめが乗っている。とちおとめに生クリームと苺ジャムをたっぷりつけて、美味しい苺を味わおう。

詳細情報
渋谷

タカノフルーツパーラーパフェリオ本店

老舗、新宿高野本店のパフェ専門店では、果物が最も美味しく味わえる仕立てにこだわっている。定番『フルーツパフェ』(1,050円)は、高野の高級フルーツがまんべんなく味わえる。季節によって異なるが、春先はミルクアイス、マンゴーソルベに、苺、マンゴー、パイナップル、メロン、スイカ、キウイ、ブルーベリー、デコポン、ドラゴンフルーツなどが乗る。濃厚なミルクアイスが、果物の瑞々しさ、甘酸っぱさを引き立てた完成度の高い一品だ。

詳細情報
新宿
もっとみる

コメント

0 comments