学士会館

レストラン 神保町
0 Love It
保存する

旧帝国大学(現在は国立7大学)の同窓会組織である学士会会員の交流の場として使われてきた施設。現在の会館は、昭和3年に建設されたもので、設計したのは日本橋高島屋や帝国ホテルの設計者として名高い建築家・高橋貞太郎。226事件の際には、第14師団東京警備隊司令部が置かれ、戦後はGHQに接収されて将校クラブとして使用されるなど、激動の時代を歩んできた建物でもある。平成15年1月には国の登録有形文化財にも指定された。かつては、会員のためのプライベートな施設だったが、現在では会員以外でも利用できる。館内には宴会場、レストラン、バー、宿泊施設などがある。7月から8月末までは、飲み放題と食べ放題の恒例企画「ビアホール」が人気。

掲載日

ヴェニュー名 学士会館
問い合わせ
住所 東京都千代田区神田錦町3-28
東京

アクセス 三田線・新宿線・半蔵門線『神保町』駅(A9出口)徒歩1分