雑司ヶ谷旧宣教師館

ミュージアム 雑司が谷 無料
0 Love It
保存する

日本開国後の時代に東京に居住していた外国人の家は長い年月で傷んでしまい、今は殆ど残って無い。この建物は1907年に建てられ、アメリカ人の宣教師ジム・マッケーレブが住んでいた。数年前に解体の危機に陥ったが、住民達のキャンペーンによって解体を免れた。この白い木造建築は、時を越えて古き良きアメリカを喧騒の絶えない現代の日本に伝えている。

掲載日

ヴェニュー名 雑司ヶ谷旧宣教師館
問い合わせ
住所 東京都豊島区雑司が谷1-25-5
東京

アクセス 東池袋駅(有楽町線:5番出口) / 雑司が谷駅(都電荒川線)