金魚まつり(2013)

ミュージアム
0 Love It
保存する
金魚まつり(2013)

大正の頃、宅地化が進んでいた代々木で、池に金魚を飼うことが流行ったため、天秤棒を担いだ物売りが盛んに商いに来たという。そのため、五社宮祭が『金魚まつり』と呼ばれ、親しまれていた。祭りはいつしか中断してしまったが、2003年(平成15年)に復活を果たした。

当日は、金魚すくい、輪投げなどのゲームや、焼きそば、焼き鳥、わたあめ、ポップコーン、バザーなどの店が開かれ、町の同好会による演芸、金魚みこしの渡御など、様々な催しを用意。境内は小さな子どもたちで一杯になる。

イベントのウェブサイト http://yoyogihachimangu.or.jp/index.php