芋洗坂

ミュージアム 六本木
0 Love It
保存する
芋洗坂

六本木交差点の『アマンド』左脇を起点にして『ブルーシアター』まで下る坂が、芋洗坂だ。坂の名の由来は、江戸時代に、この坂下にある朝日神社の前で芋が売られていたという説と、古来、疱瘡(今で言う天然痘)を“芋”と称していた頃に、快癒祈願のために水で洗うことを“いもあらい”と呼んでおり、この一帯でも祈念が行われていたためではないかという説など、諸説がある。

掲載日

ヴェニュー名 芋洗坂
住所 東京都港区六本木5~6
東京

アクセス 東京メトロ日比谷線、大江戸線『六本木』駅(出口3)徒歩7分