自由学園明日館

ミュージアム 池袋
0 Love It
保存する
自由学園明日館

建築家フランク・ロイド・ライトが手がけた帝国ホテルが1968年に解体されたことは有名だ。しかし、ライトの作った小さな建築物がまだ池袋にあることを知っている人はほとんどいないだろう。今では一般公開され、会議やクラス会、建物見学でガイドツアーなども行われている。週末には結婚式の予約が入っていることも多い。外から見ると、ユニークな幾何学模様の窓枠が見え、この建物がライトの手によるものだとはっきりと感じることができる。

関連記事
池袋でしかできない50のこと
アーティストが場を持つということ

掲載日

ヴェニュー名 自由学園明日館
問い合わせ
住所 東京都豊島区西池袋2-31-3
東京

営業時間 10時00分~16時00分(入館は閉館の30分前まで)/夜間見学は第3金曜日18時00分~21時00分(入館は閉館の30分前まで)/定休日は月曜日
アクセス JR山手線『池袋』駅(メトロポリタン口)徒歩5分/JR山手線『目白』駅 徒歩7分
LiveReviews|0
1 person listening