目黒寄生虫館

ミュージアム 目黒 無料
6 Love It
保存する
1/2
2/2

ユニークな試みのこの博物館は1953年、医学博士の亀谷了氏が設立した。戦後日本の酷い衛生環境のなか、亀谷氏の診療所は寄生虫に悩まされている患者であふれかえっていた。博物館には博士が採集した4万5000体のうちおよそ300体の寄生虫の標本が展示され、そのうち20種が彼の財団により発見されたものだ。2階には40歳の男性から採取された8.8mもあるサナダムシが展示されていて、となりには同じ長さの紐が並べられている。8.8mがどれだけ長いのかをまざまざと実感できる。ミュージアムショップでは寄生虫のキーホルダーが買える。一番親しく、大切な人へのお土産にいかがだろうか。なお、同館は独立採算制での運営となっているため、展示品を堪能した後は募金箱への寄付をお忘れなく。

関連記事
東京のシークレットスポット50
東京でしかできない88のこと

掲載日

ヴェニュー名 目黒寄生虫館
問い合わせ
住所 東京都目黒区下目黒4-1-1
東京

営業時間 10時00分~17時00分(定休日は月・火曜)
アクセス JR山手線『目黒』駅(西口)徒歩15分
LiveReviews|0
1 person listening