梅まつり(向島百花園)

ミュージアム
0 Love It
保存する
梅まつり(向島百花園)

江戸時代、骨董商を営んでいた佐原鞠塢が、草花鑑賞用の花園として開園した同園。「新梅屋敷」とも呼ばれており、約18種類、60本の梅が咲く。毎年、梅の見ごろにあわせて『梅まつり』を開催し、期間中の週末は、11時、14時(各回約30分)に、園内の梅を中心に庭園ガイドボランティアが案内してくれる。費用は無料(入園料別途)。その他、投扇興、江戸大道芸、新内・浄瑠璃など江戸の文化を体験する催しも開催される予定だ。

特集記事

イベントの電話番号 03 3611 8705
イベントのウェブサイト http://teien.tokyo-park.or.jp