東京都慰霊堂 & 東京都復興記念館

ミュージアム 両国 無料
0 Love It
保存する
東京都慰霊堂 & 東京都復興記念館

1923年の関東大震災の後、衣服や寝具に飛んだ火花が原因で火事となり、自宅を離れてこの地に避難していたおよそ4万人が犠牲になった。火は1日半にわたって燃え続け、町の4分の3が焼け14万人が死亡。7年後、追悼碑として三重塔が建てられ、更に第二次世界大戦後には、追悼碑に東京大空襲で死亡した10万人の名前が加えられた。敷地内の近くの建物には、東京復興記念館があり、そこでは戦争からの多くの形見の品が残されている。どちらの建物も老朽化しており、多くの来訪者を集めるほどのものではない。どちらかというと、戦没者を奉り、議論の絶えない靖国神社のほうに注目が集まる。記念式典が3月10日と9月1日の10時から行われる。

掲載日

ヴェニュー名 東京都慰霊堂 & 東京都復興記念館
問い合わせ
住所 東京都墨田区横網2-3-25
東京

アクセス 両国駅(都営大江戸線:A3・A4出口)(総武線:西口)