新井白石終焉の地

ミュージアム 新宿三丁目
0 Love It
保存する

新宿御苑の千駄ヶ谷口のすぐそばにある、新井白石が69歳で亡くなるまで住んだ地。新井白石は、江戸時代に6代将軍・家宣や7代将軍・家継の知恵袋として政治をサポートしていた朱子学者。8代将軍・吉宗の時代になると公的な政治活動から退き、この土地で失意の晩年を送った。

掲載日

ヴェニュー名 新井白石終焉の地
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷6
東京

アクセス JR総武線『千駄ヶ谷』駅 徒歩8分
LiveReviews|0
NaN people listening